2011/05/16

清清しい中で・・・した(^_^)。




日本の長い歴史を見ると、その文化もその時々によって、様々な様相をみせます。
やはり「わびさび」だけでは足りない。

そうなると、商店街も、住宅街も、歴史的街並みも「同じ理屈」で「同じ傾向」になってしまうのは違うと思います。

店舗には店舗のデザインがあり、住宅には住宅のつくり方がある。
であれば街並みも、商店街のよさ、住宅街のよさがあってよい。それが地域単位なれば「その土地らしさ」が出てくる・・・・

関わりあう多くの人々が心地よい・・・・一元的な価値感に押しこめることなく、景観はもっと欲張ってものではないでしょうか。

おわり・・・やっぱりつづく(^_^;)


関連記事
地盤と基礎の本当 住宅産業のアブナイ現状
省エネする換気設備 熱交換ロスナイ換気
エシカルな「省エネ」建築

atelier Aiz WEB SITE ・・・ www.a-iz.co.jp


人気ブログランキングへ にほんブログ村 デザインブログ 空間デザインへ ブログランキング

0 件のコメント:

フェイスブックページはじめました☆