2010/11/13

狭小リビングの開放感




カフェでよく見る、フルオープンのサッシ(折りたたみマド)を開くと、10畳程度の空間がとても広く感じます。

狭小敷地で、高さ制限も厳しい敷地。

LD合わせて9.5畳。天井高さも、表しの梁(ハリ)まで2.3m、白い天井面で2.5m。
横も縦も厳しい設定ですが、この空間はとても広さ感があります。

そこで設置した、南側前面道路への視線の抜けは、幅高さともにコンパクトな空間に 開放的な印象を与えています。
お向かいさんの住宅とは、各階の高さレベルをずらして設計、部屋内からお互いの目線が合うことも避けました。

マドが大きいので 真冬の寒さが懸念されましたが、ガラス+空気層+ガラス(複層ガラス)で 断熱性能を向上。充分な日射が得られるので、外気温10度までなら 真冬でも日中の暖房はしていません。


狭小リビングの開放感は、場の条件を読み解き、組み立る設計力で創ります。




AIZの住宅専門サイト www.my-onlyhouse.com
AIZ DESIGN WEB www.a-iz.co.jp

0 件のコメント:

フェイスブックページはじめました☆