2010/08/21

「遊びゴコロ」のデザイン 1




店舗や住宅など、幅広く手掛けていると、それぞれの良い要素をアレンジし、例えば「店舗照明の手法」を「住宅のリビング」に取り入れたりする。
「その照明効果」を説明し「店舗からのノウハウ」であることを、とても興味深く聞いてくれるクライアントとの仕事は、設計者としてとても楽しい。
空間をただ照らすだけでなく、写真のような「壁面をなめるような照明効果(ウォール・ウォッシャーと言う手法)」なんかも、住宅にあっても雰囲気づくりに効果的な手法だ。

「他用途の話」を、面白がって聞くクライアントは、ご自身の趣味にも遊びゴコロが満載だったりする。そうなると、私が受ける刺激もとても多く、面白い。


今はまさに「多様化の時代」。
さまざまなクライアントと話していて、本当にそう思う。
それぞれ様々な価値観・考え方があり、それぞれに興味深い。

店舗にしても、住宅にしても、その企業、その人の「思考・嗜好」に深く立入るのが設計。
その「思考・嗜好」を、遊びゴコロをもってデザインに昇華するのが、建築デザイナーの仕事だと思う。




人気ブログランキングへ
人気ブログランキング
にほんブログ村 デザインブログ 空間デザインへ
にほんブログ村
応援ありがとうございます。ぽちっと。。。m(_ _)m

0 件のコメント:

フェイスブックページはじめました☆