2020/05/27

換気=環境破壊



コロナ禍により世の中各所で弊害が・・・・
新しい生活・価値観、私たちの日常は諸般変化することでしょう。

非常事態宣言が解除された今、
ウィルス対策として「換気」が必須となりました。
評論家の間だけでなく、建築業界でも
「換気を増やして」と言う意見を多数聞きます。

ここで注意が必要なのは
「換気量を増やす」⇒「環境破壊」という図式が生まれることに
配慮がされていないこと。

現況の建物は致し方ないにしても、
建築業界でも、今後の対応として実しやかな
「換気増の設計」という意見が出てきていますが、
換気は換気だけの問題ではないはずです。

「換気」とは
「室内の汚れた空気を外に排出して、外から新鮮な空気を室内に取り込む」
ことです。

ただ、排出される室内の空気は汚れた部分だけでなく、
空調機器により温度・湿度等、環境を整えられた「空気」でもあります。

つまり・・・・

換気が多い
⇒排出される空気が多い
⇒室内空気環境のコントロールに負荷がかかる
⇒空調機を大きな出力で使う
⇒エネルギー消費が多大
⇒環境破壊

となります。

弊社ではこれまで(コロナ禍で悪者になった)
パチンコ店や焼き肉店のデザインを手掛けてきました。
(一部のパチンコ店により業界全体が悪となるのは少々悲しかったです)

パチンコ店や焼き肉店のデザインは、
タバコの煙・焼き肉の煙との戦いでもありました。

タバコの煙は、空気清浄器を使ってもたかが知れています。
匂い除去のためにイオンやオゾン発生器などもありましたが、
抜本的な解決にはなりません。

タバコの煙は「とにかく換気」が大道であり鉄則です。
そうなると、空調機の容量も大きくなる。

換気時に室内の熱を戻す、熱交換器という機器もありますが、
イニシャルコストが大きく膨らみ過ぎる傾向があります。

焼き肉の煙も同様です。

イニシャル・コストを抑え、空調機容量を低減するためには、
換気機と空調機の容量と配置バランスが重要。
空調機容量低減は、イニシャル・ランニング・コストの低減、
環境負荷低減につながります。

従前来様々な試行錯誤しました。
現在は安定した空気環境・コストコントロールを実現しています。
この設計ノウハウは他の用途でも有効となるでしょう。


ただでさえ大きな打撃を受けてしまった経済活動。
今後を見据えた状況判断に対して、
他用途・他分野の設計ノウハウがミックスされていくのではないでしょうか。


アトリエアイズWEB: www.a-iz.co.jp
MY-ONLYHOUSE.com:www.my-onlyhouse.com/



0 件のコメント:

フェイスブックページはじめました☆