2014/03/12

無印のノート



プロジェクトごとやクライアントごとにノートを分けています。

定番になったのが、無印の薄い黒表紙方眼ノート。

方眼なので、現場スケッチや納まり検討は素早く描けて重宝しています。


議事メモを取った流れで、現場スケッチがページに残るので、プロジェクト検討の経緯が「一冊のノート」として、分かりやくす残せます。

以前のノートは、白紙ページで厚めのモノを一冊持ち歩いていました。
白紙は一般的な行のノートと違い、箇条書きに縛られず、打合せでのその場のやりとりや、考えをまとめるメモリーツリーに向いていたのですが、複数物件が積み重なると、ページを探す手間がまどろっこしくなっていました。

「方眼紙」は「行ノート」よりもフリーアドレスで、白紙に感覚が近いです。
これは薄いので、複数物件分持ち歩いてもがさばりません。


しかし、最近店頭で見なくなってしまいました。まだネット販売はしているので、少し買いだめをしています。
方眼はかなり少数派のようです。私の業務・思考回路にはぴったりなので、無くならないと良いのですが・・・



無印のノートから生まれたデザインは・・・・↓
    AIZ DESIGN WEB   www.a-iz.co.jp
    AIZ住宅デザイン専門サイト www.my-onlyhouse.com

0 件のコメント:

フェイスブックページはじめました☆