2012/02/16

倉敷には、「まち」と「名画」が

2/4、久しぶりに岡山出張がありました。
クライアントの新年会です。毎年御呼ばれしていたのですが、自身の入院騒ぎやらで、3年ぶり。
それでも、呼んでいただけるのはうれしい事です。

勘定したら岡山へは80回以上。
そのわりに、岡山のことを知りません。仕事してとんぼ返りの繰り返し・・・・
ということで、今回は時間をとって、倉敷・美観地区へ。昼の美観地区は初めて(^^;)

町並みに関してはちょっとだけFBにアップしたので、ここでは大原美術館。
と言うか、ここに「エル・グレコ」の名作「受胎告知」があることも知りませんでした(^^;)


この作品は、高校生のころ上野(確か西洋美術館での企画展)で見ていました。
25年ぶりの思わぬ再会。
評論家だと、うまい言葉を並べてしまうのでしょうが、、、、ただただ、見入ってしまいました。

他にも、マネ・モネ・マチス・ダリ・ムーア・イサムノグチなど大原美術館のポテンシャルは相当高いです。
中には荒川修作なんかもあったりして。それはそれで異彩を放っていました。
かなり「刺激」が大きく・豊富なコレクションです。
ここは、何度も訪れる価値があります!

もっとじっくり倉敷を楽しんでいれば・・・本当、勿体無かった。
また、岡山で仕事がしたくなりました☆
















人気ブログランキングへ にほんブログ村 デザインブログ 空間デザインへ ブログランキング


アトリエ アイズ WEB

0 件のコメント:

フェイスブックページはじめました☆