2010/08/08

暑い日の有効な対処法 3




日射対策として、ガラスをLo-eにするのも一つの有効な手段だ。
しかし、設計者として、もうすこし突っ込んで考えると、「日射対策には小さな窓」の有効性もあり得てくる。
住宅は、やみくもに「明るさ」が求められ、「無駄な開放感」の窓が多い。

要は、窓は小さくても「効果的な空け方」で豊かな空間がつくれるのだ。
それこそ今年の猛暑の中では、開放感よりも熱貫流の低さが「居心地のよさ」に直結する。

そして、もう一つのポイントが、屋根・屋上の断熱。
外壁ばかり目が行きがちだが、日射熱をもろに受けるのは最上部。この部分の断熱が、家全体の保有熱量を抑える効果が高くなる。

高性能の断熱材に加え、屋上などのウッドデッキも効果が高い。
直接、建物に熱射があたらず、適度な空気層もできる


最新技術、物理的な断熱間隙、伝統的な対応法、そしてそれらを紡ぐ豊かな発想で、暑さ対策も創造的にアプローチしたい。





atelier Aiz WEB SITE ・・・ www.a-iz.co.jp


人気ブログランキングへ にほんブログ村 デザインブログ 空間デザインへ ブログランキング

0 件のコメント:

フェイスブックページはじめました☆