2010/07/25

マン・レイ展






結局ここ3ヶ月の間に3回。月一のペースで国立新美術館へ。
そんなに黒川紀章ファンなわけではないのだが。
しかも、来場者50万人を突破した、人気の
オルセー美術館展でない方へ・・・・(^_^;)

前々から楽しみにしていたマン・レイ展。大人っぽい作品が多いので、今回はお子ちゃま抜きで鑑賞へ。

作品の点数はナカナカ豊富。
時系列で作品を並べるオーソドックヅな展覧でしたが、彼の作品を「まとめて観る機会」は今までソウソウ無かったかもしれません。
秀作が多く、作品への実験的なアプローチが丁寧に並べられていたので、妙なリアルさがあります。
作品展というより、その人展という感じ。。。

作品一品一品は、とても美しく大人な世界観があります。
大きさや雰囲気で圧倒するタイプではなく、余韻を楽しむマン・レイの作風らしい展覧会。

前回の
ルーシー・リー展同様、この美術館はイブシ銀な企画を企てますの。




人気ブログランキングへ
人気ブログランキング
にほんブログ村 デザインブログ 空間デザインへ
にほんブログ村
応援ありがとうございます。ぽちっと。。。m(_ _)m

0 件のコメント:

フェイスブックページはじめました☆