2010/07/21

温暖化防止のチャレンジ! 2  LED市場の本当


東芝が仏ルーブル美術館の照明改修工事で、LED照明を提供するそうです。

全4500灯。

ヨーロッパの市場展開をにらんでのとの事ですが、豪儀な量です。
無償です。大手はやる事が派手ですね。(^_^;)


LEDの市場は、これまでの「電球」の市場構成とは全く異なるのです。
東芝がそこまで「必死に派手な事」をする理由の一つは、その市場構成によるとも考えられます。

というのは、「LEDは、たくさんの会社が作れる」のです。

これまで「電球」は、技術的にも、生産能力的にも「淘汰」がされていました。
しかしLEDはまだまだこれから。
日本では電球メーカーを始め、例えばシャープだとか、大型ビジョンのメーカーだとか、これまで「照明市場」とはあまり関係がなかったメーカーが、大小問わず参入しています。
世界規模で見れば、おそろしい数になるでしょう。

確かに、今年になってから、各社の技術も実施レベルに達し、設計業務のなかでも、検証・提案が増えています。
市場が安定するまで、もうしばらくかかると思いますが、導入をスタートさせるには、今年は最初の良いタイミングです。

東芝の「無償提供」も、それを裏付けるニュースです。




人気ブログランキングへ
人気ブログランキング
にほんブログ村 デザインブログ 空間デザインへ
にほんブログ村
応援ありがとうございます。ぽちっと。。。m(_ _)m

0 件のコメント:

フェイスブックページはじめました☆