2010/07/16

飽きないデザインの手法 2




そもそも「飽きる」とはどんな感覚なのだろう。

確かに「シンプルなデザイン」は、「奇抜なカタチ」より「飽きがきづらい」気はする。
しかし、シンプルだからと言って「飽きが来ない」分けではない。

例えば、一昔前の店舗デザインは「白」信仰のようなものがあった。
床も、壁も、天井も、椅子も、テーブルも、みーんな白、という店。
最近のカフェと比べると、潔いほど「シンプル」。そんな、アパレルやカフェが大流行だった。
「白ければかっこよい」とばかりに、連日、人であふれていた。


今、そんな店があったらどうだろう。

寒々しくて、とてもソコに居たいとは思わないだろう。
シンプルにも流行があり、「加減」があるのだ。

その「加減」に、それぞれの人の「思い」がはいる。
その「思い」こそが、その人を「飽きさせない」本当の理由ではないだろうか?

(つづく)


人気ブログランキングへ
人気ブログランキング
にほんブログ村 デザインブログ 空間デザインへ
にほんブログ村

応援ありがとうございます。ぽちっと。。。m(_ _)m

0 件のコメント:

フェイスブックページはじめました☆