2010/06/01

スケッチ



CADやCGが我々のツールとして当たり前になっても、イメージを膨らませるスケッチは今でも要。

イメージに迷いがあると やっぱり それなりで、ガツガツ描ける時は、「線の勢い」がそのままプレゼンの完成度に。
面白いもので「勢い」があるときは、、例えば途中にプランの大幅修正が入ってしまっても、出戻ってすべてを修正するよりも、良いイメージがアウトプットされることもシバシバ。

CAD図やCGパースになっても、その「勢い」はそのまま残ります。

「手描」はとても大事にしている工程です。


にほんブログ村 デザインブログ 建築デザインへ
にほんブログ村 ぽちっと・・・・ありがとうございます。

0 件のコメント:

フェイスブックページはじめました☆