2010/04/26

レゴの家

今春、誕生日を迎えたムスメは5歳。幼稚園も年中さん。子供の成長を喜ぶ春。

そして・・・
ムスメの「持ち家」もついに「4軒」となり・・・(^_^;)


1軒目・・・なんだか分からないうちに、「女の子だから。。。」と1才のときに親(私)から贈られた、「シルバニア・ファミリーの家(入門編)」。

2軒目・・・3歳のときにムスメ自らが望んで、誕生日に「キティのお菓子の家」。

3軒目・・・4歳のときに、おばーちゃんがクリスマスに買ってくれた「キティの2階建ての家」。

4軒目・・・TVCMで見つけ「こんどの誕生日はこれ!」。レゴの家。


「これで何軒目だ?」
「家は、がさばるのよねぇ」
「レゴはお兄ちゃん(小5)のがあるしねぇ」

と、夫婦で話をしつつも、「レゴ」自体はむしろ子供には「与えたいオモチャ」の部類。自身もレゴでよく遊んだ記憶は、今でも楽しく覚えているし。


で、誕生日当日。


「これは!イイ!」「さすがLEGO!」  親が連呼。



レゴは、写真を見ながら作るのも「プロセスを考える」楽しみがあり、勝手に作るもの「創意工夫する」楽しみがありと・・・
「親の理屈」が満足できる上に、一つ一つのパーツ・アイテム・ギミックの完成度のなんと高いコト!

トイレやら、浴槽やら、勾配屋根もナカナカ。レゴ独特の「オモチャッぽいリアル感」が唸らせる(^0^)


これは、建築士的にも「自信を持ってオススメ」な一品。

ブロックは大きいサイズ。2~5歳向け。でも、小学生低学年位まで充分楽しめそう。というか、親でも。。。商品名は、レゴ デュプロ ファミリーハウス 5639。


ブロックの小さいお兄ちゃん向けハウスもあり。
こっちはもっと完成度が高いはず。子供関係無しで、私的に要チャックや!(^_^;)

0 件のコメント:

フェイスブックページはじめました☆